2016/2/29 17:25:49

極小チワワを飼う前に知ろう、気を付けたい事とは?

    1.とってもかわいい極小サイズのチワワ

    希少な存在

     極小チワワは、体重が1kg未満、体高が15cm未満である事を指します。ライターやたばこなどで比較するととても小さいサイズである事がうかがえます。まさに手乗りサイズのチワワと言っても間違いありません!以前より極小チワワの存在はあったのですが、マメシバやティーカッププードルがメディアでたびたび見かけられるようになった昨今、極小チワワも注目されるようになりました。見た目が小さいものを可愛いと思う我々人は、極小チワワでさらにチワワ人気に拍車をかける事となるでしょう。しかし、世界最小の犬種と言われているチワワがさらに小さくなるという事は、それなりの代償がある事も忘れないでくださいね。

     

    極小チワワの定義とは

     極小チワワは、生後1年の時点で体重が1kgあるかないか、体高が15㎝未満であるかどうかで決まります。ペットショップなどで販売されている極小チワワですが、正直仔犬の時点で極小チワワかどうか見極めるのは素人では相当困難です。両親が小さいチワワでも、生まれた子も極小になるとは限りません。仔犬の頃は相当小さくても、成長するにつれて通常のサイズのチワワになる事もあり得るのです。だから希少と言われるのではないでしょうか。もしも極小チワワがどうしても欲しいというのならば、極小チワワ専門や、信頼できるブリーダーさんのもとで購入するのが良いでしょう。また、仔犬を迎えた上で絶対にやってはいけない事は、小さくしたいからといって食事の量を減らしてしまったりする事です。仔犬は食べる事と寝る事を仕事としますが、そのうちの食べる事を取り上げてしまったら身体に悪影響を及ぼします。無理やり極小チワワにしようとする事は虐待ですので、絶対に避けましょう。   
     
     
     

    photo by Jose Antonio Tovar

    2.極小チワワで気をつける事

    病気・怪我・事故には充分注意

     極小サイズという事は体にかなりの負担がかかります。体に負担がかかるという事は病気やケガをしやすいという事なのです。例えば、ちょっとした段差から降りた時、通常のチワワですと何も問題がないところ、極小チワワの場合足腰に何倍もの力がかかってしまい、骨折、下手すれば死に至る事もあり得るのです。
     また、通常のサイズのチワワでさえ低血糖になりやすいのですが、さらに小さい極小チワワとなりますと、さらに低血糖症の発症率が上がります。低血糖症は発症してからすぐさま処置を行わなかった場合、死に至る可能性のある病気です。
     
      

    極小サイズほど、低血糖症になりやすい

     低血糖症は仔犬の頃になりやすい病気であり、かつチワワのような小さい犬種は特になりやすいとされています。チワワはもともと食が細い方の犬種です。仔犬の頃は遊ぶことが大好きな時期ですので、飼い主さんが構ってあげればあげるほど、お腹がたとえ空いていてもチワワは喜び遊び続け、限界がくるとコロッと倒れてしまいます。その状況を避けるためにも、飼い主さんが充分に注意する必要があります。明け方起きた時にふらふらしている事が多いのは、まさに低血糖症の症状を起こしている時です。予防としては、しっかりとごはんを食べさせる事ですが、ペットショップに行けば専用のサプリメントなどがありますので、それらを活用しても良いでしょう。
     特に極小チワワはなかなかごはんを食べない傾向がありますので、飼い主さんがうまく工夫をしてごはんを食べさせてあげなければなりません。成犬になっても低血糖症になる可能性はありますので、飼い主さんは油断をしないようにしましょう。もしも症状が起きてしまった場合、安静にさせ、お砂糖を溶かした水、コンデンスミルクなどを舐めさせます。動けるようになったらいつも通りごはんを与えますが、この時少しずつでもいいのでしっかりと食べさせましょう。症状が落ち着いて、元気になりましたら念のため病院へ行く事をおすすめいたします。

    3.極小チワワを飼う上で

    こういう人には向いていません

     極小チワワは通常のサイズのチワワと比べて飼育がとても大変です。上記の通り病気やケガをしやすいため、家には常に誰かいるような環境でないと飼育は困難ですので、一人暮らしの方にはおすすめはできません。また、何かあった時にすぐ行動できるようにしておく必要があります。他犬種と比べて何か起きた時に状態が一気に悪化しやすいです。近くに動物病院があるという事、家族の理解があるという事、これらの条件を満たしてから購入をお勧めいたします。

    飼う時は慎重に

     極小サイズのチワワを作るのには相当な労力がいるため、非常に高価格で販売されております。平均的な価格は通常のチワワよりも2倍以上の価格である事が多いです。希少である事ももちろん理由の一つではありますが、ある程度価格を高く設定しておく事で安易に購入できないようにしております。誰にでも手の届く価格ですと、可愛いからという安易な気持ちで購入する人が増えてしまい、結果、飼育が困難なため途中で飼育放棄をしてしまう人がどんどん出てきてしまう場合があるからです。価格が高い分、購入までに至る経緯までに考える時間が長くなります。その考える時間というものはとても重要な事です。上記のようにちゃんと条件を満たしているのか、一生涯面倒を見る事が出来るのか、安易な気持ちで迎えないようよく考えてみてください。

お役立ちコンテンツ