2016/3/4 19:21:12

ロングコートチワワとスムースコートチワワのそれぞれの魅力とは!?

    1.どちらがお好み?

     チワワを飼う際、ロングコートチワワとスムースコートチワワで悩んでしまう方はたくさんいます。実際、日本で人気なのはロングコートチワワですが、お手入れの事などを考えたりすると、断然スムースコートチワワの方が良いでしょう。性格も大きな違いがないため、見た目の好みで最終的に決めるかと思われます。では、そのロングコートとスムースコート、それぞれの魅力について紹介していきましょう!

     

    ロングコートチワワの魅力とは

     ロングコートチワワは、スムースコートチワワと比べると見た目が柔らかい印象があります。被毛は触るとふわふわしているため、とても触り心地が良いです。ロングコートの最大の魅力は、抱いたときのその触り心地ではないでしょうか。その被毛を保つためには、日ごろの手入れが必要となります。メリットとデメリットが両方あるうえでのその見た目と言えるでしょう。ロングコートチワワはスムースコートチワワをもとにポメラニアンやパピヨンを交配させてうまれた犬種です。かわいらしい愛玩犬の集合体ともいえるほどかわいい見た目を持ったロングコートチワワ。日本では断然ロングコートチワワが人気です!
     

    スムースコートチワワの魅力とは

     海外ではロングコートチワワよりも、スムースコートチワワの方が人気ですね。見た目がスタイリッシュなためクールな印象を抱かれがちです。ですが、ロングコートにはない魅力がたくさんある事をご存じですか?
     まず、お手入れをさほど気にする必要がない事はもちろんの事、その短毛のおかげで病気や怪我、肥満を早期発見しやすいと言われています。体調管理がしやすいのは断然スムースコートです。チワワは全体的になにかと疾患を起こしやすいとされていますので、こうしてすぐに異常を発見しやすいという事は素晴らしい魅力といえるでしょう!
     デメリットとしては、ロングコートと比べて非常に寒さに弱いです。自身を覆う被毛が短いため、身を暖められず、熱も放出しやすいのです。そのため、冬は毎日服を着させてあげる必要があります。
     

    photo by SandraHintzman

    共通で気をつけなければならない事

     ロングコートチワワもスムースコートチワワも両方気をつけなければならない事は熱中症です。もちろん寒さに弱いため、冬場も気をつけなければなりません。チワワが寒さに弱いという事は周知の事実ですので、寒さ対策などをしている方はよく見かけますが、案外夏場の熱中症対策をしている方はあまり見かけないのです。寒さに弱いなら暑さには強いだろうと思われる事が多いのです。
     犬はどの犬種も暑さに弱いと思ってください。特に日本のようにアスファルトが多いところですと、照り返しによる暑さ、また、足裏パッドに直に熱を感じるので熱中症だけでなくやけどの可能性もありえます。チワワは他犬種よりも小さいため、何倍もの暑さを感じます。夏場の散歩は、早朝や夕方以降など、気温がいくらか下がる時間帯を気にするようにましょう。

    2.手入れ方法もそれぞれ異なる

    ブラッシング命のロングコート

     ロングコートチワワはダブルコートといい、2種類の毛を持ちます。普段はオーバーコートという被毛で全身を覆っておりますが、秋ごろに、寒さを防ぐためにオーバーコートの下にアンダーコートが生えてきます。そして、春になるとアンダーコートは抜け落ちてきます。これが換毛期です。この換毛期の時期は特に抜け毛が多くなるため、アンダーコートを除毛する専用のブラシがありますので、それを利用するとスムーズにお手入れをする事が可能になるのでおすすめです!

    意外と抜け毛があるスムースコート

     スムースコートチワワは、ロングコートチワワと比べて、毎日お手入れを気にする必要はありません。お手入れをする際、ラバーブラシなどで全身をマッサージすると良いです。換毛期の時期になりますと、抜け毛が多くなってきますので、その時期になりましたら普段よりは気にするようにしましょう。スムースコートチワワの被毛は短いですが、しっかりしており、細かく床に落ちていたり服についていたりします。短毛だから抜け毛がないかと思われがちですが、もちろん抜け毛はありますので注意しましょう。 
     
     

    シャンプーが自宅で出来ちゃうのはチワワの魅力

     チワワのように小さい犬種ですと、ご自宅でシャンプーする事も可能になってきます。チワワは、体臭がほぼないためシャンプーは月に1,2回で充分です。
     ロングコートチワワのシャンプーの場合、事前にスリッカーブラシなどでブラッシングをしてあげて、被毛の絡みをなくしてからシャンプーする必要があります。シャンプー後は、被毛の根元からドライヤーをかけ、完全に乾かすようにしましょう。犬は少しでも乾き残しがありますと、そこから皮膚トラブルにつながる事があります。ブラシをかけながら乾かしていくと、非常にふわふわ柔らかくなり、抱き心地も最高によくなります!
     さて、スムースコートチワワのシャンプーですが、短毛だからといって事前にブラッシングしないでシャンプーしていいわけではありません。ラバーブラシでマッサージをするようにする事で、まず不要な毛を取り除き、血行を良くしてあげましょう。スムースコートチワワを洗う時は指の腹でなでるようにします。ロングコートチワワと同じように乾かすのですが、乾くスピードは早いです!やはりお手入れにそこまで手がかからないというだけあって、すぐ乾くのは魅力的といえるでしょう。

お役立ちコンテンツ