2016/4/25 19:03:28

状況に応じてチワワに合った洋服を着させてあげよう!

    1.チワワに合った洋服を探そう!

    とりあえず、で選んではいけません

     チワワは世界最小の犬種と言われるほど小さな犬です。それゆえに購入したものが大きすぎたり、逆に小さすぎたりと、なかなか洋服選びが難航するかと思われます。
     店頭で陳列されている洋服を選ぶ際、とりあえず小さいサイズを購入すればいいかと思うかもしれませんが、やはり身体の大きさは個体差によって異なります。
     
     物によっては、チワワの洋服はいい値段する為、購入したものが無駄になってしまった…そうならないように事前に飼っているチワワのサイズを調べておきましょう!

     

    チワワの身体のサイズの測り方

     服を選ぶポイントとして、チワワの着丈、首回り、胸囲を測りましょう。各個所の測り方として、下記を参考にしてください。
     
    ・首回り・・・首の付け根(一番太いところ)をメジャーで首を一周するようにして測定
    ・着丈・・・首回りを測った位置からしっぽの付け根部分までメジャーを伸ばして測定
    ・胸囲・・・前足のすぐ後ろ(ワキ)をメジャーで胸を一周するように測定
    ・足の長さ・・・ズボンなどを履かせる際に。付け根から足首のあたりまで測定
     
     こちらの4点を測る事が出来れば、ペットショップや通販などで間違って購入する事を避ける事ができます。特に通販は手にとって確認する事が出来ないので、ぜひ、一度は測ってみてください。

    2.必ず持っていて欲しい洋服!

    レインコート

     ご家庭に必ず一枚は備えておいて欲しいものです。チワワは他の犬種と比べて体高が低く、雨水の撥ねを浴びやすいです。
     スムースコートチワワでしたら多少浴びても、蒸しタオルやシャンプーなどでサッと拭けますが、ロングコートチワワの場合、とても悲惨な事になります。
     
     チワワくらいの大きさの子でしたら、汚れる度にシャンプーをしてもそこまで手はかからないのかもしれませんが、梅雨の時期など雨の日が多い場合、毎度洗ってしまいますと皮膚や被毛にダメージを与えかねません。
     衛生面だけでなく、チワワに負担をかけさせない意味もありますのでレインコートは必ず購入しておきましょう。

    マナーベルト

     マナーベルトとは、犬がマーキングをした際、おしっこが壁や柱などにかからないようにするためのおむつです。マーキングは男の子がするので、男の子用(腹巻のような形)として販売されております。
     基本的に男の子がするものですが、まれに気の強い女の子もマーキングする場合もあります。マーキング癖があるのならば、ドッグランやドッグカフェなどに出かける際は、ぜひとも着用するようにしましょう。
     
     また、女の子はマナーベルトを着用する事が出来ませんので、犬用のおむつなどで代用します。犬用おむつはヒート(生理)の際にも着用するので、持っておいて損はないでしょう。
     
     これらを着用する注意点としてですが、ずっと履き続けているとかぶれてしまい、皮膚トラブルを起こしてしまいます。
     もしもマーキングしてしまったら、なるべくすぐにお腹周りを蒸しタオルで拭いてあげ、乾いたタオルでさっと拭いてあげるようにしましょう。

    3.普段着って必要なの?

    気温の変化に弱いチワワだからこそ・・・

     上記二つは必要な理由がはっきりわかると思いますが、普段着の場合はどうなのでしょうか。
     普段着を着せる事が虐待だと訴える方も少なくはありません。ですが、服を着させる事は立派な理由があるのです。
     
     チワワはメキシコ原産の犬種であるため、寒さに非常に弱い事でも有名です。まずはこの防寒の意味でも服を着用させる事は必須です。
     冬はニット素材やダウンのものなど、気候に準じたタイプの洋服があります。被毛が長いロングコートチワワでも、ある程度保温効果があるとはいえ、それでも寒さに非常に弱いです。
     スムースコートチワワに至ってはもっての他です。必ず厚手の洋服を着させるようにしなければ、体調不良になってしまう事も充分あり得ます。

     では、夏の時期こそ必要ないのではないかと思われますが、夏にも着用すべきだと言えます。他犬種と比べ、限りなく地面に近い位置にいるチワワは、真夏の厳しい照り返しの影響を受けやすい為、火傷や熱中症になりやすいです。
     なるべくなら夏場の陽が出てる時間帯の散歩は望ましくはないのですが、やむをえず散歩をする場合は夏用のメッシュ素材などの洋服を着用させるようにしましょう。 

    マナーとして

     近年、ドッグカフェだけでなくごく普通の飲食店などでも犬同伴可能なお店が増えてきております。その際、一般のお客様も利用される為、店内に毛が飛び散らないようにと考慮しなければなりません。
     食事の中に毛が入るのを避ける他、動物アレルギーを持っている方への対処にもなります。

     ドッグカフェでも、一部では洋服の着用を義務付けられている店舗もありますので、周囲へのマナーという面で洋服は着用しなければなりません。
     とにかく、毛を飛び散らせない為なので機能性は特に重要視する必要はありません。飼っているチワワに合った洋服を着せてあげましょう。

    更にはこんな理由もあるのです

     草アレルギーを持っているチワワは、少しでも草むらの中に入ってしまいますと、眼の周りがかぶれたり、全身が赤くなってしまったりする事があります。
     重症な子ですと、病院へ行って治療しなければならないので、草や花粉などが直接皮膚につかないようにする為にしなければなりません。
     チワワのアレルギー検査をしたことがないという方は、一度検査をしてあげると良いでしょう。
     
     また、手術後や怪我の傷口を舐めないようにする為に洋服を着用させるという事があります。これはエリザベスカラーを嫌がる子に有効ですので、つま先など、洋服を着せても意味がない個所以外は洋服で対策するようにするといいかもしれません。